闘犬および短頭種の動物を同伴するご搭乗について

闘犬および短頭種の犬や猫については、規制項目および勧告項目が特別に設けられています。

以下のカテゴリーに当てはまるペットを同伴するお客様は、次の情報を注意してご覧ください。貨物室預かりで動物を持ち込む場合は

闘犬を同伴するご搭乗について

闘犬またはどう猛犬に分類される動物については、貨物室専用の特別なクレートを使用して輸送することができます。生後3カ月から6カ月の闘犬については、その例外として取り扱われます。これらの犬は通常輸送用のクレートを使用して輸送することが可能です。客室または貨物室で輸送できるかどうかについては、犬の輸送に適用される基本的基準に準拠します。

貨物室預かりで闘犬を輸送する場合については、貨物室預かりの動物の輸送に関する情報にもご留意ください。

生後3カ月から6カ月の闘犬の客室内持ち込みをご希望のお客様は、客室預かりの動物の輸送に関する情報にも注意を払うようお願いいたします。

短頭種の犬や猫を同伴するご搭乗について

短頭種に属する犬や猫は、解剖学的に気道が狭く、呼吸困難を引き起こす場合があります。出発地、乗り継ぎ地、目的地の空港における輸送や高温によりストレスが生じ、それが循環器系の症状の原因となって呼吸に問題が起きる可能性があります。結果として、ペットに深刻な健康上の問題が生じたり、ご旅行中に死亡したりする恐れさえあります。

こうしたことからルフトハンザでは、2020年1月1日から、これらの動物の貨物室預かりによる輸送は実施しないことといたしました。ただし、動物の輸送条件を順守するという条件で、追加の機内持ち込み手荷物扱いとして、ペットを客室内にお持ち込みいただくことは可能です。

短頭種の犬や猫は、航空貨物として、例えばルフトハンザ カーゴで輸送することができます。