Lufthansa iDのご利用条件

次のLufthansa iD ご利用条件(以下「利用条件」と表記)は、Deutsche Lufthansa AG (以下「ルフトハンザ」と表記)より提供されるLufthansa iDサービス(以下「Lufthansa iD」と表記)のご利用時に適用されます。

ルフトハンザでは、お客様の旅行体験が快適になるよう、できる限り便利なサービスのご提供を目指しています。ルフトハンザのウェブサイト lufthansa.com、および当社またはルフトハンザ グループの他の会社が提供する特定のウェブサイトおよびアプリケーションをはじめてご利用になったときから、ご旅行が終わるまでお客様個別のご要望とご期待に合わせて調整されます。そのため、Lufthansa iDでは無料の会員ユーザーデータを作成し、数々のパーソナライズされたサービスの利用を可能にしています。

お客様が、lufthansa.comまたは、その他のウェブサイトやアプリケーションでログインされた場合に、Lufthansa iDでは、以下のサービスをご提供します。

  • 個別のユーザーアカウントを作成する必要なく、例えば、個人名での呼びかけ、現在のフライト予約に適した情報の送信、事前に入力されたフォームの使用など、各ウェブサイトまたはアプリケーションでパーソナライズされたサービス利用が可能です。
  • このパーソナライズされたサービスにより、予約プロセスが簡略化し、 (i) おすすめのフライトのトップ3の航空券案内が最初に表示されます。 (ii) お客様のご利用希望の搭乗クラスが事前設定されます。(iii)おすすめの料金が事前に選択されます。
  • 事前入力されたフォームにより、ご予約とチェックインの手続きが簡単に。
  • パーソナライズされた機内エンターテイメントとFlyNetオファーを個別利用。

ログイン時または、あとからユーザーデータに追加した情報を閲覧、あるいは呼び出しができるように過去の予約をユーザーデータに連結可能。

さらに、ルフトハンザ グループ航空会社や各パートナー企業の情報ならびに個別オファーを受け取れるよう、広告を目的とする情報配信に同意するかどうかを設定する機会があります。

最終的にこの同意をいただいた場合、予約ポータルでパーソナライズされたサービスを提供することにより、お客様のウェブサイトご利用体験が向上するよう、目指しています。

1. 適用範囲

この利用条件は、ウェブサイト lufthansa.com、ルフトハンザ アプリ、またはその他ルフトハンザや関連会社のウェブサイトやアプリケーションにて、Lufthansa iDを使ってログインされる際に適用されます。

さらに、各チャネルでの条件が適用されます。例えば、ルフトハンザ ウェブサイトの利用条件などが挙げられます。

Miles & MoreプログラムでのLufthansa iDユーザーデータとの連結の際には、さらに Miles & More 会員規約が適用となります。

フライト運航時には、ルフトハンザ グループ航空会社の運送約款が適用されます。 こちら をご覧ください。

2. Lufthansa iDの登録

お客様はLufthansa iDで登録、 Lufthansa iDユーザーデータの保存、Eメールアドレスの登録とパスワードの設定ができます。ご登録は、自然人に対してのみ可能です。最後に、ご登録時に入力されたEメールアドレス宛に確認メールが送信されます。このメールを確定していただけば、Lufthansa iDの登録プロセスが完了します。お客様には、ユーザーデータ上で、個人情報や旅行に関するご希望内容をご登録いただけます。確認メールで設定されている時間内に、送信メール内のリンクより登録が完了しなかった場合、仮のLufthansa iDユーザーデータは非アクティブ化されます。

また、確定を行わず、3回以上確認メールを送信させた場合も、仮のLufthansa iDユーザーデータは非アクティブとなります。非アクティブの状態が30日経過すると、お客様のデータは消去されます。

3. Lufthansa iDとアクセスデータの入力

Lufthansa iDの登録プロセスで入力、場合によっては後日補足される個人情報は、真実でなければなりません。また、Lufthansa iDのユーザーデータには第三者(例:同行者など)がお客様の同意なしに登録することはできません。

アクセスデータの機密性、特にパスワードについては、ユーザー自身が責任を負うもので、第三者に提供あるいは使用を許可してはなりません。紛失または誤用があった場合は、すぐにアクセスデータを変更し、ルフトハンザに通知してください。この場合、または使用行動から第三者による誤用が疑われる場合、事実が明らかになるまでLufthansa iDのユーザーデータをブロックする権利を留保します。過失による損害または通知が遅れたため、通知の時点までに発生した損害については、ルフトハンザは当利用条件の条項8の範囲内でのみ責任を負います。

4. Lufthansa iDユーザーデータの使用

Lufthansa iDは、この利用条件に則り、上記記載の目的にのみ使用できます。Lufthansa iDは、ルフトハンザの同意なしに、商用目的(商用・出張旅行の予約を除く)ならびに、ルフトハンザのオンラインサービスその他のウェブコンテンツの複製のために使用することはできません。

5. Lufthansa iDユーザーデータの消去

お客様は、Lufthansa iDのユーザーデータをご自身で消去することができます。これは、Lufthansa iDユーザーデータの管理より、または一般データ保護規則(GDPR)第15条に基づきdatenauskunft@dlh.de に申請することにより実行可能です。

ルフトハンザは、理由を問わずいつでも、または条項2で言及されている場合、ならびに当利用条件に違反した場合は、お客様のLufthansa iDユーザーデータをブロックまたは消去する権利を留保します。

6. Lufthansa iDの停止と変更

Lufthansa iDの機能は、継続的に開発されています。ルフトハンザは、機能または利用条件に関して、いつでも予告なしに改善または変更する権利を留保します。

同様に、ルフトハンザはいつでもLufthansa iDを停止する権利を留保します。この場合、お客様のLufthansa iDユーザーデータは消去されます。

7. Miles & Moreアカウントとの連結

お客様がMiles & Moreプログラムの会員である場合、または今後会員となる場合、Miles & MoreアカウントとLufthansa iDを連結させることをお願いしています。この連結は、Lufthansa iDサービスを使用するために必要ではありませんが、お客様がご希望に沿ったご案内をお受け取りになれるよう、またユーザーデータが矛盾しないよう、確実に設定できます。

a. 連結の実行

お客様がすでに、Lufthansa iDのユーザーとMiles & More 会員である場合、両方のユーザーデータをユーザーデータの管理より、利用可能なオプションと連結できます。連結の過程で、情報配信の設定を一括管理できるようになります。お客様が2つのユーザーデータのうち1つだけをお持ちの場合、他方のユーザーデータ設定の際にユーザーデータの管理にてご利用可能なオプションへの連結をしていただけます。

b. 連結をフォロー

各アカウントならびにユーザーデータ上に登録された情報(例:メールアドレス、連絡先、フライトに関するご希望事項やデータ保護の同意事項)が連結の時点で一致しない場合、その情報は連結する際に同期されます。情報が異なる場合、どちらのデータを選択するかを問われるオプションがあります。詳細については、個人情報の保護よりご確認いただけます。

c. 連結の解除

ユーザーデータを再設定する際に、連結は解除できます。また、お客様がLufthansa iDユーザーデータまたはMiles & Moreアカウントを消去する場合、Lufthansa iDユーザーデータと Miles & More アカウントの連結を解除できます。Lufthansa iDユーザーデータの消去方法は、当利用条件の条項5に記載されています。Miles & More アカウントの消去については、Miles& More ご利用規定をお読みください。

8. データセキュリティ

ルフトハンザ グループでは、データセキュリティを非常に重視しています。技術上有効なセキュリティ対策を講じ、データの紛失や誤用、権限を与えられていない人物のアクセス、改ざん、削除がないよう保護しています。当社のセキュリティ対策は技術開発に合わせて最新の状態に保たれています。したがって、連結および同期の際には暗号化方法が使用されます。個々の企業が保存データをバックアップするために使用するその他のすべての措置は、それぞれのデータ保護方針に記載されています。

9. 責任

Lufthansa iDは、通常24時間ご利用いただけます。ただし、システムおよびプログラムのメンテナンス期間は除きます。この場合、使用上の制限が生じる可能性がありますが、できるかぎり影響のないようにします。Lufthansa iDの使用に関する請求権はありません。

ルフトハンザの利用に関連して、あるいは各エージェントで生じた損害で、故意または重過失の場合、および保証がある場合、責任は無制限です。生命、身体または健康への傷害など、軽度の過失の場合も、責任は無制限です。ただし、重要な義務違反による軽度の過失の場合、責任は、通常発生する予見可能な損害額の範囲内における財産および金銭的損失に限定されます。

必須の義務とは、Lufthansa iDの使用を最初から適切に実施可能とし、ユーザーが定期的に承諾する義務です。その他の損害賠償責任は、製造物責任法に基づく請求を除き、適用外です。

10. 個人データの保護

Lufthansa iDのユーザーデータを設定されると、お客様の同意に基づいてまたは、法的根拠に基づいてお客様の個人データを収集および処理します。これらは、登録時に問われるもの、場合によっては後日任意に補足されるものであり、Lufthansa iDの利用ならびにMiles & Moreとの連結時にも質問される内容です。

詳細については、Lufthansa iD個人情報の保護よりご確認いただけます。

11. 法と管轄権

ドイツの法律が適用されます。商用の場合、管轄地はドイツ連邦共和国のフランクフルト・アム・マインです。ドイツに一般的な管轄権がなく、欧州経済地域(EEA)内に居住地がない場合も同様です。ドイツ外で欧州経済地域(EEA)内に居住する消費者の場合、希望に応じドイツ連邦共和国のフランクフルト・アム・マインまたは居住国の管轄裁判所のいずれかを選択できます。さらに、一般的な裁判地またはその他の司法管轄区で訴追される場合もあります。弊社は、調停手続きに参加する義務を負わず、そのような手続への参加を申し出ることはできません。

2018年9月現在