Lufthansa reservation with price guarantee

 
top

搭乗中に耳が痛む原因

航空機内の気圧は、海抜およそ2,500メートルの高度と同等の気圧まで下がることがあります。こうした気圧の減少により、乗客が耳の痛みを感じる原因となることがあります。

これは、特に気圧のバランスが、中耳と周辺の空気の間で崩れ、適切な機能を果たせなくなることが原因です。耳の痛みは、風邪を引いて鼻がつまっていたり、喉の奥と中耳を結ぶ箇所(耳管と呼ばれています)に閉塞感を起こしているお客様が特に感じることが多いようです。

離陸時は耳の痛みをあまり感じません
航空機が離陸して巡航高度に達するまでは、キャビン内が予圧で守られているので問題が起こることはあまりありません。風邪を引いた乗客の中耳で過圧が生じても、耳管を通じて比較的簡単にバランスを取ることもできます。

風邪を引いていると着陸の際苦痛を感じることがあります
着陸の際痛みがひんぱんに起こるのは、飛行機が下降中キャビンの気圧が上昇し、風邪に由来する粘膜部の腫れにより、圧力の自然なバランスが妨げられることがあるからです。下降時は中耳の圧力が下がり、鼓膜に負担がかかって痛みを感じることもあります。

 
top

耳の痛みを回避するためにできること

圧力のバランスを取る上で一番役に立つ手段が、いわゆるヴァルサルヴァ法です。息を吸い、鼻をつまみ、口を閉じて空気を強制的に喉の奥へと送り込みます。こうすることで耳管が開き、圧力のバランスが取れるようになります。

予防措置として、飛行機が巡航高度を下げ始める30分ぐらい前に、両方の鼻へ鼻づまり用スプレーを噴射しておくといいでしょう。鼻づまりスプレーが鼻腔内と中耳間の空気の通りを良くし、環境気圧と中耳間の圧力変化に対応できます。

また、物を噛むような動きをすると、すぐに圧力のバランスが取れるようになります。チューインガムを何枚か用意しておくのがベストです。またゆっくりと口を大きく開けてあくびをすると、圧力のバランスにさらに対応しやすくなります。

鼻腔がひどく炎症を起こしている場合は、フライト前にかかりつけの医師の診断を受けた方がいいでしょう。