ミュンヘン空港から最高のスキーエリアへ

ガルミッシュ=パルテンキルヒェン、キッツビュール、ツィラータール、ヴィルダー・カイザー-ブリクセンタールなど、ドイツやチロル地方で最高のスキーエリアはミュンヘンからそれほど離れてはいません。このページでは、最高のウィンタースポーツスポットに関する情報をまとめてご案内します。

ワールドカップ開催地のゲレンデを満喫 ガルミッシュ=パルテンキルヒェン

冬をアクティブに楽しみたい方には、冬季オリンピックの開催地ガルミッシュ=パルテンキルヒェンはまさにパラダイスそのものです。目の前に広がる壮大な山のパノラマ、ドイツのスキーエリアで最も安定した積雪量、そして素晴らしいゲレンデと快適なコースとすべてが揃っています。

谷には冬の霧がたちこめていても、20 kmのゲレンデを持つ広範な氷河スキーエリア、ツークシュピッツェは太陽に照らされるとさながら雲の中にぽっかり浮かんだ島のようです。スキーエリア「ガルミッシュ・クラシック」にはハウスベルク、クロイツエック、アルプシュピッツェとそれぞれの特徴を持つスキーエリアがあります。ここは初心者から上級者までそれぞれに合った滑りを楽しむことのできる場所です。

特に注目すべきはワールドカップレースで有名な急斜面のカンダハーです。

ミュンヘン空港からわずか120 kmほどの距離です。

スキーを楽しめる究極のスポット キッツビュール

キッツビュールにあって他にないもの、それはスキー競技の開催地「ハーネンカム」だけではありません。チロル地方のこのスキーエリアは、スキーエリアを評価するドイツの世界最大ポータル「Skiresort.de」によって2016年も含め、4年連続で世界一のスキーエリアに選ばれています。

しかし、ここがスキーヤーとウィンタースポーツ愛好者の真のホットスポットになっている理由は、スキーの初心者から上級者まで楽しめる整備の行き届いた215 kmのゲレンデ、ハイテクを駆使した54基の快適なリフト、10月から5月まで長い期間にわたって十分な雪があること、また手つかずの自然があることです。フリーライドスキーやクロスカントリースキーの愛好者もホテルから出てすぐに楽しむことができます。また「キッツ」には、長年スキーファンを魅了してきた、ウィンタースポーツの究極の場所という雰囲気があることも大きいでしょう。

ミュンヘン空港からわずか160 kmほどの距離です。

シーヴェルト ヴィルダー カイザー – ブリクセンタール

シーヴェルトは、規模や設備の点からも世界有数のスキーエリアの一つです。284 kmにも及ぶゲレンデは90%の豊富な積雪量を誇り、21ヵ所の滑降コースがあります。

284 kmのゲレンデ、整備された最新の90のコース、70を超える家族経営の素朴な山小屋、4つのファンパーク、数多くの体験施設、イグルービレッジ(宿泊・イベント用のスノーハウス)、スキークロス競技用のコースや自分の滑りを撮影できる3ヵ所のスキームービーコース、照明設備のあるそり用のローデルンコース、ナイタースキーが楽しめる13 kmのゲレンデ、フリーライドエリアなど、スキーの楽しみが満載の、世界でも傑出した場所です。スキーをされない方のためには、250 kmの冬のハイキングコースや190 kmを超えるクロスカントリーのトラックが用意されています。

ブリクセン・イム・ターレ、エルマウ、ゴーイング、ホップガルテン、イッター、ケルヒザウ、シェッファウ、ゼル、ヴェステンドルフにようこそ。

ミュンヘン空港からわずか140 kmほどの距離です。

冬を100%満喫 ツィラータール 

ツィラータールではウィンタースポーツを思う存分楽しむことができます。整備の行き届いた508 kmのゲレンデで、好みや条件に応じて夢のような滑降が可能です。ゲレンデは、おだやかなスロープから熟練者にとっても手ごわいルートなど変化に富んでいます。ツィラータールの「スーパースキーパス」を購入されると、179のリフトをご利用になれます。

数多くの楽しみ方に加え、スキーエリアの規模がツィラータールの大きな魅力です。各エリアは標高約2,000 mから3,250 mにまで及び、冬のシーズンを通じて十分な積雪があります。スキーではエキサイティングな滑降だけでなく、仲間と過ごす時間も楽しみの一つです。ツィラータールにはアルプスで最高の山小屋があります。

ミュンヘン空港からわずか180 kmほどの距離です。