ルフトハンザの機内持ち込み手荷物規定

お客様の搭乗クラスに応じた機内持ち込み手荷物の個数制限や、機内持ち込みとしてお持ちいただく必要のあるもの、機内持ち込み手荷物を客室内に省スペースで収納する方法について、以下に詳しく説明しています。

お客様のフライトの無料受託手荷物許容量、ならびに機内持ち込み手荷物の許容サイズと重量は、手荷物許容量の計算ツールでもご確認いただけます。路線、搭乗クラス、運賃に応じてご案内しています。

機内持ち込み手荷物についての注意事項

手荷物検査場での長い待ち時間を避けるため、機内持ち込み手荷物は必要最低限に減らしていただくようお願いします。

少ない機内持ち込み手荷物で快適に

機内持ち込み手荷物の規定を準拠していただくことは、スムーズなご搭乗、機内でより多くの収納スペースの確保、そして定時出発のために必要なことです。そのため、出発空港にて許容寸法、数量、および重量に対して機内持ち込み手荷物を確認しています。

ルフトハンザでは搭乗の際に機内持ち込み手荷物規定がきちんと守られていることを確認します。寸法または重量オーバーの機内持ち込み手荷物は、ゲートでお預かりし有料で貨物室に積み込みます。ゲートでの預り料金は、チェックイン時の料金よりもかなり高くなり、クレジットカードのみの決済となります。

非常に込み合うフライトの場合、規定に準拠した機内持ち込み手荷物であっても受託手荷物として預ける必要のある場合があります。

これらのケースでは、貴重品や医薬品などの身の回り品は必ず機内にお持ちください。電池または充電式バッテリーを含む携帯電話やタブレット、モバイルバッテリー、電子タバコなどの機器も、受託手荷物に入れることはできません。